ミシガン州上院が4億6500万ドルのCOVID-19救済法案を可決


ミシガン州ランシング。 –ミシガン州上院は、金曜日の夜のセッション中に4億6500万ドルのCOVID-19救済法案を可決しました。

上院は上院法案748を承認するために35-2に投票しました。

資金配分の一部には、失業のための2億2,000万ドル、COVIDワクチンの配布とテストのための4,800万ドル、制限の影響を受けた事業で解雇または解雇された作業に対する4,500万ドルの助成金、および中小企業の生存助成金5,500万ドルが含まれます。

法案は月曜日にミシガンハウスに行くように設定されています。

読んだ: ミシガン州は、高校、一部の娯楽施設を再開するためにCOVID-19命令を改訂します


知事 グレッチェンホイットマー 州がCOVID-19命令を改訂して、対面式の高校のクラスを再開し、特定の屋内娯楽施設を再開し、非接触の屋外スポーツおよびフィットネスクラスを許可すると発表しました。

ホイットマーは、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、これらの記者会見を約80回開催しましたが、金曜日が最初で、目に見えてイライラしていました。 彼女の友人ウェイン郡保安官ベニーナポレオンがCOVID-19で亡くなった後、ホイットマーは、ワクチンの配布はワシントンのためにボトルネックになっていると述べた。

詳細については、ここをクリックしてください

Copyright 2020 by WDIV ClickOnDetroit-無断複写・転載を禁じます。



Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です