. . .

あたりまえだけどなかなかできない リスク管理の裏技 その秘訣はEA化と、閲覧専用管理にある。

トレードにおけるリスク管理はだれもが口うるさく語るところですが、実際はなかなか難しいです。

正直自分の裁量でトレードできる環境になると、どうしても欲が出てしまいます。

また、シグナルトレードであっても、ストップロスにかかることを忌避してしまい、大きなロスとなってしまう場合もあります。

こういった問題に対応するために方法は、「EA化」でしょう。

EAならば適切リスクを自動計算してくれるので、そちらに任せてトレードするのが一番良いと思います。

シグナルのEA化はできるのか

しかし問題は、「果たしてシグナルのEA化はできるのか」という命題です。

結論としては現在98%コピー可能と言えますが、シグナル自体に癖があれば、完全再現は難しいところです。

そのため、取りこぼしなどを押さえ、ある程度のパフォーマンスを収めるために、2~3個のシグナルを同時運用することが望ましいと思います。

シグナルをEA化し、裁量要素は徹底排除

シグナルをEA化して、リスクをコントロールできるようになった場合には、一切裁量を行わないようにしましょう。

裁量を排除する方法は、取引パスワードを覚えられないようにしておき、自宅等、遠い場所に控えておき日中は裁量トレードできないようにするのが一つの方法です。

モバイルなどでは、閲覧用パスワード(investor (read only)パスワード)を設定し、あくまで見る専用にするのが望ましいでしょう。

パスワードは「ツール」-「オプション」-「Change Password」で設定することができます。

裁量口座をしたいなら別の口座を設ける

裁量取引を行いたいのであれば、別の口座で行うのが良いでしょう。

シグナル口座との混同は避けたほうが、シグナルおよび裁量の純粋な実力を測ることができると思います。

まとめ

リスク管理のコツは、

  • できればEA化でロット管理する
  • 管理パスワードを覚えにくくしておき、モバイル閲覧専用パスのみでトレードを確認する。
  • 裁量口座をしたいなら別口座を用いる

といったところです。少しでも参考になれば幸いです。

~告知欄~

FXシグナルへの入会・加入方法

  • 各シグナルの運営者に連絡し、加入したいことと旨を申し出、価格を確認する。
  • 支払いを行い、VIPリンクにアクセスする。
    ※支払いはPayPal、仮想通貨などが主流です。

シグナルの加入方法・支払い方について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

FXシグナルおすすめランキング

  • 1位:Forexlivesignal
    →RRRが理想的な最高峰シグナル。詳しくはこちら
  • 2位:UnitedSignals
    →堅牢なプロフィットが華麗。詳しくはこちら
  • 3位:ProFX Signals
    →確かなマーケットアウトルックと真摯な対応。詳しくはこちら

コミュニティへのご招待

「このシグナルが気になる!」「このシグナルが良いよ!」という方は語り合いませんか。

こちらからどうぞ。(または画像をタップしてください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メニュー